ライフイベントが邪魔をする?

IT業界で働く人材に共通して求められるのが有能さと勤勉さです。担当する仕事をするのに相応のスキルが身についていることが最低条件であり、それに加えて同じプロジェクトのメンバーが行っている仕事を理解できる程度の知識を持っていることが求められます。
その上で、どれだけプラスアルファの能力があるかで有能さが判断され、その評価においては男女差はそれほどありません。そして、少しでも早く仕事を進めるために必要になるのが勤勉さであり、仕事を仕事と思わずに私生活の中にも溶けこませられるような人材は重宝されます。
しかし、女性エンジニアは男性に比べるとこの点で差別を受けてしまいがちであることが悩みになります。たとえ勤勉に働いていたとしても、結婚すると退職してしまうリスクがあると認識されているからです。たとえ働きが良かったとしても、ライフイベントを理由にいつ退職するかわからないなど、仕事が続かない可能性があると判断されてしまうのです。
たとえ独身で過ごすと決意表明をしていたとしても、いつ心変わりをするかわからないと思われてしまい、昇給や昇進において男性よりも低く評価されてしまう傾向があるようです。
しかし、女性としての性格が必要とされる仕事につくとその悩みも払拭される傾向があるのも事実です。顧客対応においては男性よりも女性の方が好まれる傾向が強く、エンジニアとしての知識や経験を生かせるサービスエンジニアの現場では対等な扱いを受けるようになってきています。